時事問題対策を行う際のポイントとは?

 中学入試もあと半年に迫る頃になると、時事問題対策を行う塾が多いのではないでしょうか。時事問題を教え得る際のポイントは、テーマごとに分けてどのような内容なのかを教えることです。例えば社会関連であれば、世界遺産や首脳会談、領土問題についてが取り上げられやすいです。日本国内で世界遺産の登録があった年は、世界遺産に関連する話題が出題されやすいので注意する必要があります。また最近の中学入試問題では世界情勢が出題されやすい傾向なので、首脳会談などもチェックしておくようにしましょう。

 理科関連においては、台風のしくみや宇宙関連についての問題が出題されやすいです。天災が多い年だと出題される可能性が上がります。もし生徒から時事問題の対策を家庭でも取り組みたいという要望が出てきたら、子ども新聞を薦めるようにしましょう。子ども新聞であれば小学生でも読みやすく、分量も少ないので受験生の負担にはならないからです。またスポーツや動物、イベントやゲームなど子どもが興味を持ちそうな話題も多く載っているので、受験勉強の息抜きにもなるでしょう。受験の取り組み方など、教育についての特集も多く組まれているので、子ども新聞は受験生におすすめです。